Archives for the 'Now in Fukushima / 福島はいま' Category

  • FUKUSHIMA — In its second round of health exams for residents who were 18 years old or younger at the time of the March 2011 … Read More

    Posted December 1st, 2015.

    • 東京電力福島第一原発の事故の被災地の中で、特に放射線量が高く「百年は人が住めない」とも言われたのが福島県浪江町津島地区の赤宇木(あこうぎ)だ。この人影が絶えた農村地帯に通い、生物の動向や放射線量の推移などを調べ続ける人々がいる。悲劇の中に、せめて有意義な情報を … Read More

      Posted September 25th, 2015.

      • Yoshito Watanabe, San’ei Ichikawa, Masahide Kubota, Junko Hoshino, Yoshihisa Kubota, Kouichi Maruyama, Shoichi Fuma, Isao Kawaguch … Read More

        Posted August 30th, 2015.

        • 東京電力福島第一原子力発電所の事故の教訓を共有してもらおうと福島県立医科大学などのグループが、国内外の調査報告を元に事故による健康影響についてまとめた論文を発表しました。 被ばくへの不安などによって心の健康を損なうケースが多く見られたとして、今後、各地の原発で … Read More

          Posted August 3rd, 2015.

          • 原子力発電所の事故など緊急時の作業員の被ばく線量の上限を、現在の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げることを盛り込んだ法令の改正案について、国の審議会で検討が始まり、委員からは対応に当たる作業員の意思の確認や長期的な健康管理を十分に行うよう求 … Read More

            Posted July 24th, 2015.

            • 県が福島医大に新設する「県周産期医療支援センター(仮称)」の整備概要が固まった。周産期医療に精通した国内トップレベルの医師5人を専任教員などとして招き、平成27年度内の一部開所を目指す。医師らは県内5つの地域周産期母子医療センターに出向き、未熟児の診療や産後の … Read More

              Posted June 25th, 2015.

              • 県は現在、18歳以下の子どもについては、医療費を無料にする措置を取っていますが、原発事故を受けて進めている甲状腺検査で異常が見つかった子どもについてはその後、19歳以上になったり、県外に避難したりしても来月から治療費を全額、補助することになりました。 原発事故 … Read More

                Posted June 23rd, 2015.

                • 東京電力福島第1原子力発電所事故で福島県内に出された避難指示を巡り、政府は12日、放射線量が比較的低い「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」を、2017年3月までに解除する方針を決めた。東電が両区域の住民に支払っている月10万円の精神的損害賠償(慰謝料)は1 … Read More

                  Posted June 13th, 2015.

                  • 原発事故に伴い福島県内に出されている避難指示について、政府が、遅くとも再来年の平成29年3月までに放射線量が高い帰還困難区域を除いてすべて解除する方向で、地元の自治体と調整していることが、関係者への取材で分かりました。解除にあたっては、避難による精神的な損害の … Read More

                    Posted May 13th, 2015.

                    • 県は31日、東京電力福島第1、第2原発の新たな事故に備え、両原発から30キロ圏にある13市町村の住民が避難するための原子力災害広域避難計画の改定内容を公表した。計画は震災前の2010(平成22)年の人口をベースに、13市町村の全人口約55万人が古里に戻った場合 … Read More

                      Posted April 5th, 2015.

Close

Forgot your password?