Archives for the 'Fukushima-Minpo / 福島民報' Category

  • 県内に3730カ所あるため池のうち、県と農林水産省が2956カ所で水底の土壌(底質)と水質の放射性物質検査を実施したところ、24・7%に当たる730カ所の底質から指定廃棄物(1キロ当たり8000ベクレル超)に相当する放射性セシウムを検出した。県が24日、平成2 … Read More

    Posted March 26th, 2015.

    • 東京電力福島第一原発事故に伴う甲状腺検査で、検査を担う医師らが不足している。福島県内7地域のうち、県南、南会津、相双で1次検査ができる医療機関はゼロ。県医師会などは、身近に検査を受けられる医療機関を増やすため、研修と認定試験を行っているが、開業医らにとって甲状 … Read More

      Posted March 10th, 2015.

      • 東京電力福島第一原発事故による県民の健康への影響を国内外の専門家が検証する国際専門家会議「放射線と健康リスクを超えて」は8日、福島市の福島ビューホテルで開幕した。初日は福島医大や国内外の専門家が調査・研究の現状や成果を発表し、パネル討論で本県復興に向けた国際協 … Read More

        Posted September 9th, 2014.

        • 【オーストリアで紺野正人記者】脱原発・廃炉対策などを調査する県議会の海外行政調査団(A班)は14日、ウィーンの在ウィーン国際機関日本政府代表部を訪れ、小沢俊朗大使らと意見交換した。小沢大使は、東京電力福島第一原発を受けて国際原子力機関(IAEA)が作成している … Read More

          Posted July 20th, 2014.

          • 国連放射線影響科学委員会のカール・マグナス・ラーソン議長は28日、県庁を訪れ、村田文雄副知事と会談し、同委員会がまとめた東京電力福島第一原発事故の健康への影響に関する報告書について、県民と意見交換する考えを明らかにした。 同委員会が先月公表した報告書では、福島 … Read More

            Posted June 4th, 2014.

            • 福島医大が発注し入札不調となっていた「ふくしま国際医療科学センター」の再入札で、同大は20日までに総額約220億円で業者と契約し、着工した。当初の着工予定より約1カ月遅れた。同大は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向けた医療拠点として平成28年 … Read More

              Posted May 25th, 2014.

Close

Forgot your password?