Symposium2013 / 2013年開催

【10月13日】 国際交流棟レセプションホール
Day 1 – Reception Hall of International Exchange Building
9:30~ 受付: 国際交流棟1階レセプションホール
Registration: Reception Hall
10:00 ~ 10:10 開会式
Opening Address
10:10 ~ 12:25 セッション1 生物影響とそのメカニズム
Session 1: Biological effect and its mechanism

Keith BAVERSTOCK / キース・ベーヴァーストック

Keith_BAVERSTOCK_2013

Radiation induced genomic instability as cause of health effects and damage to wildlife
健康と野生生物への危害の原因としての、放射線に起因するゲノム不安定性

SAKIYAMA Hisako / 崎山比早子

SAKIYAMA_Hisako_2013

Radiation and Aging
放射線被ばくと老化

Timothy MOUSSEAU / ティモシー・ムソー

Timothy_MOUSSEAU_2013

Non-Human Animal Models for Effects of Radiation Exposure in Nature
放射線被ばくの影響を知るための自然界におけるヒト以外の動物モデル

OTAKI Joji / 大瀧丈二

OTAKI_Joji_2013

The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
福島原発事故のヤマトシジミへの生物学的影響

13:40 ~ 15:15 セッション2 疫学と線量評価
Session 2: Epidemiology and dose evaluation

Wolfgang HOFFMANN / ウォルフガング・ホフマン

Wolfgang_HOFFMANN_2013

Do Nuclear Power Plants in normal operation cause Childhood Leukemia? Evidence vs. Politics
原発の平常稼働は小児白血病の原因となるのか 科学的証拠と政治の対立

TSUDA Toshihide / 津田敏秀

TSUDA_Toshihide_2013

Thyroid cancer under 19 in Fukushika
福島県における甲状腺がん発生の現状

IMANAKA Tetsuji / 今中哲二

IMANAKA_Tetsuji_2013

Radiation Contamination in Iitate Village and an Attempt to Evaluate Early-stage Radiation Exposure
飯舘村の放射能汚染と初期被曝評価の試み

15:30 ~ 16:55 セッション3 健康に関する法と権利
Session 3: Law and Rights for Public health

ITO Kazuko / 伊藤和子

ITO_Kazuko_2013

The Japanese Government Must Act Now, Making a Fundamental Policy Change regarding the Protection of Residents Following the Nuclear Accident, based on the UN “Right to Health” Special Rapporteur (Grover Advisory)

国連「健康に対する権利」特別報告者の勧告(グローバー勧告)に基づき、日本政府は今こそ、原発事故後の住民保護について、抜本的な政策転換を図るべき

FUKUDA Kenji / 福田健治

FUKUDA_Kenji_2013

Law on Support for Children and other Victims of Nuclear Accidents
原発事故子ども・被災者支援法の現状と課題

ITO Emiko / 伊藤恵美子

ITO_Emiko_2013

For the Protection of Children from Radiation
The Power of the People and Support by Local Governments

被ばくから子どもを守るために
〜民間の力と自治体の支援と〜

【10月14日】国際交流棟レセプションホール / 国際会議場
Day 2 – Reception Hall and International Conference Room of International Exchange Building
9:30~ ワーキングセッション受付: 国際交流棟1階レセプションホール
Working session registration: Reception Hall
10:00 ~ 11:50 ワーキングセッション: 質疑応答と意見交換
Working session: Q&A
13:30 円卓会議受付: 国際交流棟1階・国際会議場
Round-table registration:International Conference Room
14:00 ~ 15:20 Discussion 1 / ディスカッション 1

discussion1

Standard and criteria for Radiation Protection
防護基準について

15:40 ~ 17:00 Discussion 2 / ディスカッション 2

discussion2

Research agendas for future
今後の調査・研究課題

17:20 ~ 18:40 Discussion 3 / ディスカッション 3

discussion3

Medical care and medical checkup structure
今後の医療と健診体制

19:00 ~ 19:45 まとめと閉会式
Wrap-up & Closing

Speakers / 講演・円卓会議 (敬称略・順不同)

Round-table / 円卓会議 議長

  • セバスチャン・プフルークバイル Sebastian PFLUGBEIL
    ドイツ放射線防護協会会長
    President of Gesellschaft für Strahlenschutz e.V. (German Society for Radiation Protection).
  • 島薗進 SHIMAZONO Susumu
    東京大学大学院人文社会系研究科名誉教授 上智大学グリーフケア研究所所長
    Graduate school of humanities and sociology, Tokyo University

Session 1 / セッション 1 モデレーター 上田昌文 (市民科学研究室)

  • キース・ベーヴァーストック Keith BAVERSTOCK
    東フィンランド大学環境科学学部
    Department of Environmental Science, University of Eastern Finland.
  • 崎山比早子 SAKIYAMA Hisako
    高木学校
    Takagi School
  • ティモシー・ムソー Timothy MOUSSEAU
    サウスカロライナ大学
    Department of Biological Sciences , University of South Carolina
  • 大瀧丈二 OTAKI Joji
    琉球大学理学部准教授
    Department of Chemistry, Biology and Marine Science, Faculty of Science, University of the Ryukyus

Session 2 / セッション 2 モデレーター 丸森あや (市民放射能測定所)

  • ウォルフガング・ホフマン Wolfgang HOFFMANN
    ドイツ疫学協会理事
    Medical School of the Ernst-Moritz-Arndt-University Greifswald and Head of the Institute for Community Medicine, Medical School of Ernst-Moritz Arndt-University Greifswald.
  • 津田敏秀 TSUDA Toshihide
    岡山大学大学院環境学研究科
    Okayama University Graduate School of Environmental and Life Science
  • 今中哲二 IMANAKA Tetsuji
    京都大学原子炉実験所
    Kyoto University Research Reactor Institute KURRI

Session 3 / セッション 3 モデレーター 瀬川嘉之 (高木学校)

  • 伊藤和子 ITO Kazuko
    特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
    Human Rights Now
  • 福田健治 FUKUDA Kenji
    福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN )
    Save Fukushima Children Lawyers’ Network
  • 河崎健一郎 KAWASAKI Kenichiro
    福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN )
    Save Fukushima Children Lawyers’ Network
  • 伊藤恵美子 ITO Emiko
    子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
    National Network of Parents to Protect Children from Radiation

ほか

Close

Forgot your password?