Symposium2011 / 2011年開催

放射線による健康リスク 〜福島「国際専門家会議」を検証する〜

2011年10月12日(水) 第一部 9:30 〜 16:30 第二部 18:00 〜 21:00

国立オリンピック記念青少年総合センター

主催 NPO法人セイビースプロジェクト、CRMS市民放射能測定所

案内パンフPDF
開催趣旨文WORD

資料:
松井英介講演資料
崎山比早子講演資料
セバスチャン・プフルークバイル講演資料
沢田昭二講演資料

円卓会議資料

講演+円卓会議資料

 

福島国際専門家シンポジウム「放射能と健康リスク」概要

中継:
午前・午後の講演:

http://bit.ly/f6HUWg
円卓会議: http://bit.ly/f6HUWg 及び http://bit.ly/fserD8

市民・科学者国際会議:放射線による健康リスク

~福島「国際専門家会議」を検証する~

 

2011年10月12日(於:国立オリンピック記念青少年総合センター)

 

【趣旨文】

去る9月11・12日に福島県立医科大学で開催された日本財団主催「国際専門家 会議」は、山下俊一教授を中心に、国連科学委員会(UNSCEAR)・国際放射線防護委員会(ICRP)・国際原子力委員会(IAEA)・世界保健機関 (WHO)など「最前線の研究者」「世界の英知」とは程遠い「一部の専門家」によって開催されました。原子力産業と親和性の高いこうした国際機関の外部評 価によって、「県民健康管理調査」の予見①「福島第一原発事故による健康影響は極めて少ない」②「低線量被ばく(年間100mSv以下)は安全である」が 正当化されようとしています。

会議の内容は、「放射線の影響による不安を解消」するために、低線量被ばくは安 全であるという「科学的知見」を情報発信するものであって、「結論と提言」においても被ばく低減化と健康障害の最小化に関する具体的措置が全く論じられて いません。チェルノブイリ事故後も、WHOやIAEA国際諮問委員会によって健康被害調査が開始されましたが、放射線被ばくによる健康障害を「精神的スト レス」によるものと断定し、「どれほど大規模に詳細な疫学調査を長期間行っても自然発生のがんや遺伝的影響と区別できるような増加は将来も観察できない」 とされ、「小児甲状腺がん」でさえもその増加が認められたのは10年後としています。また、チェルノブイリ原発事故によるがん死者数に関して、国際がん研 究機関(IARC)がヨーロッパ全域を含め1万6千人としているのに対し、2005年のIAEA/WHO報告「チェルノブイリ・フォーラム」では4千人と して健康影響を著しく過小評価しています。こうした国際機関による見せかけのリスク評価と恣意的な疫学調査を繰り返させてはなりません。

私たちは、国際専門家会議が無視している、低線量被ばくに関する最先端の研究を 考慮する必要があります。放射線生物学の研究成果をもとに、05年には『BEIRⅦ』で「しきい値なし直線モデル」が提示されました。03年には、米国科 学アカデミー紀要(PNAS)において、ブレナーらが「がんは累積線量34mSvから過剰発生する」と報告し、またカルディスらが15カ国の原子力産業労 働者約20万人を対象にした追跡調査では、低線量被ばくによって有意にがんが増加することが明らかになりました。これらの研究成果を下敷きとし、欧州放射 線リスク委員会(ECRR)も、03年・10年の報告書で「低線量内部被ばく」を過小評価するICRPのリスクモデルに異議を唱えています。一方、これま でのチェルノブイリ事故の被害調査によって無視されてきたベラルーシやウクライナの疫学調査では、低線量被ばくによる健康障害(甲状腺がん以外のがんとそ の他晩発障害)が多数報告されてきました。それらは、ニューヨーク科学アカデミー『チェルノブイリ―大惨事が人びとと環境におよぼした影響』(2009 年)や核戦争防止国際医師会議(IPPNW)ドイツ支部 『チェルノブイリ事故の人体への影響』(2010年)で集約されており、こうした研究成果に鑑みても、低線量被ばくによる健康影響に関して「予防原則」の 立場にたった健康調査と被ばく低減化措置が求められています。

私たちは、国際専門家会議や県民健康管理調査委員会のような一部の専門家のみな らず、最先端の研究をふまえ、低線量被ばくに関して警鐘を鳴らす国際機関・シンクタンクと協力していく必要があります。今回の国際市民科学者会議では、市 民のイニシアティブによって、国際専門家会議の内容を徹底検証し、原発事故の被害者をはじめとする市民とともに、中長期的に県民健康管理調査を監視するた めの「第三者機関」を準備したいと考えています。(3月に国際シンポジウム開催予定)

 

主催: NPO法人 セイピースプロジェクト、CRMS市民放射能測定所

共催:47プロジェクト、FoE Japan、高木学校、市民科学研究室・低線量被曝研究会、子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク、低線量ひばくから子どもの未来を守るプロジェクト、こどものとなり

 

 

開催日:10月12日

第一部:基調講演

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
国際交流棟:第一ミーティングルーム(定員120名)
http://nyc.niye.go.jp/

開場: 9:10

09:30ー10:55  「低線量」内部被曝による健康障害

松井英介(医師、岐阜環境医学研究所所長)
11:05-12:30  チェルノブイリ大惨事による健康影響の実相

―無視され続けてきたがん以外の健康被害-

崎山比早子(医学博士、高木学校)

13:30-14:55  真実を見極める チェルノブイリ、ドイツ、フクシマ

セバスチャン・プフルークバイル(物理学博士、ドイツ放射線防護協会会長)
15:05-16:30  実態とかけ離れた放影研の被爆者研究

沢田昭二(物理学博士、名古屋大学名誉教授)

 

第二部:円卓会議

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
国際交流棟:国際会議室
http://nyc.niye.go.jp/

開場:17:40

円卓会議:18:00-21:00
会議テーマ:

・9月11,12日の福島国際専門家会議の検証
・放射線防護とコミュニケーション
・3月に予定されるシンポジウムに向けて (方向性、準備委員会設置などについて)

ファシリテーター:松井英介(医師、岐阜環境医学研究所所長)
アシスタント:丸森あや

パネリスト:(敬称略、順不同)

  • 崎山比早子(医学博士 高木学校)
  • セバスチャン・プフルークバイル(物理学博士 ドイツ放射線防護協会会長)
  • 沢田昭二(物理学博士 名古屋大学名誉教授)
  • オイゲン・アイヒホルン (ミュンヘン工科大学 日独平和フォーラム会長)
  • 高橋哲哉(哲学者、東京大学大学院総合文化研究科教授)
  • 板垣雄三(歴史家 中東・国際政治研究 日本パグウォッシュ会議メンバー、東京大学・東京経済大学名誉教授)
  • 山田真(小児科医 子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表)
  • ティエリー・リボー (社会科学者 フランス国立科学研究センタ-研究員、フランス国立現代日本研究センター)
  • 梅村浄 (小児科医)
  • 笹沼弘志(憲法学者 静岡大学教授)
  • 佐藤嘉幸(現代思想、思想史、社会理論 筑波大学)
  • 岩上安身(フリージャーナリスト)ほか
Close

Forgot your password?