Archives for the 'OurPlanet TV' Category

  • 環境省が設置している「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」において健康リスク評価が妥当だとされている「国連科学委員会(UNSCEAR)」報告書について、2008年のチェルノブイリ原発事故報告書にある被ばく線量評価と比 … Read More

    Posted November 4th, 2014.

    • 東京電力福島第一原発事故で放出された放射性プルーム(放射性雲)をめぐり、2度にわたって関東・東北地方に広く拡散していった様子が、各地に設置されていた大気汚染の測定局で採取した試料を解析した結果、改めて確認された。 今回のデータは、PM2.5などによる大気汚染の … Read More

      Posted September 9th, 2014.

      • 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べている福島県の「県民健康調査」の検討会が24日、福島市内で開かれ、甲状腺がん悪性と診断された子どもは、悪性疑いも含め103人になった。すでに手術を終え、甲状腺がんと確定した子どもは57人に達した。 2011年秋から開始し … Read More

        Posted August 27th, 2014.

        • 「原発事故 子ども•被災者原発事故支援議員連盟(会長 荒井聰衆議院議員)」は29日総会を開き、甲状腺がん手術を受ける子どもの医療費を減免するための法案を提示した。市民や専門家のヒヤリングを重ね、次期国会に提出したい考えだ。また、健康診断に関する法案も検討したい … Read More

          Posted August 19th, 2014.

          • 福島第一原発事故に伴う住民の健康管理のあり方等について検討している専門家会議の第8回会合で16日、福島医師会の木田光一副会長をはじめ5人の参考人が意見を述べ、国の責任による健康診断の実施や線量評価の抜本的見直しなどを提言した。 今回、参考人として発言したのは、 … Read More

            Posted July 17th, 2014.

            • 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、福島県民を対象に実施されいる「県民健康調査」について、福島県立医大は当初、国が指定した避難指示区域などの住民約17万人のみを健康調査の対象と設定し、喜多方市や会津若松市は疫学的な比較を行う対照地区と考えていたことが、Ou … Read More

              Posted May 1st, 2014.

Close

Forgot your password?