Archives for the 'NHK / 日本放送協会' Category

  • 原子力発電所の事故など緊急時の作業員の被ばく線量の上限を、現在の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げることを盛り込んだ法令の改正案が、原子力規制委員会で正式に決定されました。 東京電力福島第一原子力発電所の事故では、緊急時の上限の100ミリシ … Read More

    Posted August 6th, 2015.

    • 東京電力福島第一原子力発電所の事故の教訓を共有してもらおうと福島県立医科大学などのグループが、国内外の調査報告を元に事故による健康影響についてまとめた論文を発表しました。 被ばくへの不安などによって心の健康を損なうケースが多く見られたとして、今後、各地の原発で … Read More

      Posted August 3rd, 2015.

      • 原子力発電所の事故など緊急時の作業員の被ばく線量の上限を、現在の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げることを盛り込んだ法令の改正案について、国の審議会で検討が始まり、委員からは対応に当たる作業員の意思の確認や長期的な健康管理を十分に行うよう求 … Read More

        Posted July 24th, 2015.

        • 県は現在、18歳以下の子どもについては、医療費を無料にする措置を取っていますが、原発事故を受けて進めている甲状腺検査で異常が見つかった子どもについてはその後、19歳以上になったり、県外に避難したりしても来月から治療費を全額、補助することになりました。 原発事故 … Read More

          Posted June 23rd, 2015.

          • 原発事故に伴い福島県内に出されている避難指示について、政府が、遅くとも再来年の平成29年3月までに放射線量が高い帰還困難区域を除いてすべて解除する方向で、地元の自治体と調整していることが、関係者への取材で分かりました。解除にあたっては、避難による精神的な損害の … Read More

            Posted May 13th, 2015.

            • 県が行っている子どもの甲状腺検査をめぐり、がんを引き起こすとされる放射性ヨウ素について原発事故後に取り込んだ量がほとんどわかっていないことから、放射線医学総合研究所は事故直後に測定された一部のデータなどをもとに全体の被ばく線量の推計を進めることにしています。 … Read More

              Posted February 12th, 2015.

              • 原発事故を受けて県が進めている子どもの甲状腺検査で、ことし9月に検査を受けた人のうち173人に他人の検査結果が誤って通知されたことがわかりました。 中には、詳細な検査の必要があるにもかからわず、検査の必要がないと通知されたケースが2件あり、福島県立医科大学では … Read More

                Posted November 8th, 2014.

                • 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、情報公開の在り方を巡って大きな議論となった放射性物質の拡散を予測するシステム「SPEEDI」について、原子力規制委員会は「不確かな予測結果を使うと、逆に被ばくのリスクを高めかねない」として、今後、住民の避難の判断には使わな … Read More

                  Posted October 14th, 2014.

                  • 廃炉に向けた作業が進む東京電力福島第一原子力発電所について、原子力規制委員会は、地震や津波に備えた対策が十分か確認する必要があるとして、ほかの原発に適用されている新しい規制基準で評価し、必要な対策を検討することになりました。 福島第一原発は3年前の事故の影響で … Read More

                    Posted July 14th, 2014.

Close

Forgot your password?