Archives for the 'The Fukushima Minyu Shimbun / 福島民友' Category

  • 県は31日、東京電力福島第1、第2原発の新たな事故に備え、両原発から30キロ圏にある13市町村の住民が避難するための原子力災害広域避難計画の改定内容を公表した。計画は震災前の2010(平成22)年の人口をベースに、13市町村の全人口約55万人が古里に戻った場合 … Read More

    Posted April 5th, 2015.

    • 福島、南相馬の両市で2013(平成25)年以降に捕獲された野生のニホンザルの体内組織を調べた結果、骨格を動かす筋肉の「骨格筋」に放射性セシウムが蓄積する傾向があることが19日、東北大などの研究で分かった。成分が近いカリウムなどと共に、セシウムが筋肉に交じりやす … Read More

      Posted February 23rd, 2015.

      • 福島医学会は4日、福島市でシンポジウムを開き、学会員や医療関係者、市町村担当者ら約70人が県民健康調査の成果に理解を深めた。調査を行っている福島医大の担当者は、今後増加が懸念される脳卒中や心筋梗塞の発症数の把握の必要性を訴え、医療機関や市町村に協力を呼び掛けた … Read More

        Posted October 7th, 2014.

        • 環境省は22日、東京電力福島第1原発事故による本県や周辺住民の健康管理の在り方を検討する専門家会議を都内で開いた。会合では「事故による放射線で健康への影響が見込まれる疾患」に、幅広い健康不安を含めるべきだとの意見が相次いだ。 健康不安をめぐっては、東大大学院の … Read More

          Posted September 23rd, 2014.

          • 日本学術会議(大西隆会長)は19日、東京電力福島第1原発事故の発生当初のモニタリングデータなど、時間経過に伴い新たに明らかになった情報に基づき、事故に伴う初期被ばくの実態解明を目指すべきだとする内容を盛り込んだ提言を公表した。 提言では、被ばくによる健康影響の … Read More

            Posted September 20th, 2014.

            • 政府は2日までに、原発事故による避難者や、帰還者の放射線不安や生活再建などの相談に応じる相談員制度の具体的な推進策をまとめた。相談員の活動は放射線防護を中心に、避難者らへの助言や地域単位で進める課題解決策の提案などで、避難市町村などが今後事業計画を作って開始さ … Read More

              Posted August 3rd, 2014.

              •   県との協力プロジェクトを進めるため来県している国際原子力機関(IAEA)の専門家チームは18日、福島市で会合を開いた。IAEAのミロスラブ・ピナック放射線安全・モニタリング課長は作成中の線量マップについて、他国の放射線量と比較できる地図にする考えを示した。 … Read More

                Posted July 20th, 2014.

                • 東京電力福島第1原発事故から3年以上が経過しても放射線に対する県民の不安が根強い現状を受け、県は本年度、県薬剤師会、県医師会、県歯科医師会と連携し、放射線や健康への影響に詳しい薬剤師や医師、歯科医師を養成する。団体ごとに研修を受けた会員が相談員となり、経営する … Read More

                  Posted June 23rd, 2014.

                  • 県教委は12日までに、放射線に関する教員向けの指導資料(第3版)を作成した。昨年度、放射線教育推進の実践協力校に指定された小、中学校計4校の実践例などを記載している。 学校敷地内の線量測定や風評被害に苦しむ農家の講話、安全な食品の見極め方、新エネルギーの仕組み … Read More

                    Posted June 13th, 2014.

Close

Forgot your password?