原発事故がもたらした精神的被害:構造的暴力による社会的虐待 / 岩波科学2016年3月号

辻内琢也
早稲田大学災害復興医療人類学研究所所長

医師であり医療人類学者であるポール・ファー マー1は,2010 年にハイチを襲った巨大地震によ る社会状況を,臨床医学で使われる言葉を使って

「慢性状態の急性増悪(acute-on-chronic)」と呼んだ。 植民地時代からの強国による不当な社会的・経済 的圧力,そして近代化の歪みといった歴史が作り 出した慢性的な社会病理が,地震という打撃によ って急性増悪したと理解したのだ。わが国に起こ った東日本大震災および福島第一原子力発電所事 故(以下,原発事故)も同様に「慢性状態の急性増悪」 と理解できるであろう。日本の近代化や経済政策 が作り出してきた社会構造の慢性的な病理がいま 各所で露見し,多くの被災者・被害者を苦しめて いるのである。

筆者ら早稲田大学「災害復興医療人類学研究所 (旧・震災と人間科学プロジェクト)」は,震災支援ネッ トワーク埼玉(代表:猪股正,以下SSN)やNHK仙 台・福島放送局と共同して行ったアンケート調査 の量的・質的データをもとに,原発事故に伴う著 しい精神的ストレスを明らかにしてきた。事故 1 年後に行った 2012 年度の調査結果を「原発事故 避難者の深い精神的苦痛」(『世界』2012 年 10 月号)2と して,2013 年度の調査結果を「深刻さつづく原 発被災者の精神的苦痛:帰還をめぐる苦悩とスト レス」(『世界』2014 年 1 月臨時増刊)3にまとめた。本稿 では,その後の 2014 年度調査および 2015 年度調査をもとに,精神的ストレスの継時的な変化と, 分極化したグループの分析をおこなう。

Iwanami Kagaku_201603_Tsujiuchi

Close

Forgot your password?